想いをカタチに

( 想い+目的 )× デザイン = 伝わる

事業に込めた素晴らしい考えや想いも、届けたい相手にそれが伝わらなければ画餅に帰してしまいます。

そこで、言葉だけでは感じとりにくい想いの部分を分かりやすくビジュアルに落としむことで、直感的かつ印象的に事業者さんの想いを伝えることができるようになっていきます。

誰かに共有したくなるような広告、つい触りたくなるWebページ、手に取り欲しくなるようなパッケージやグッズなど
デザインは見た目だけではありませんが、一番分かりやすく触れられる部分でもあるため、ビジュアルが与える印象と役割は重要です。

素敵な想いをカタチにして伝えたい。事業者さんご自身はもちろん、関わる皆さんにも笑顔になってもらえることを目標として、制作に取り組んでいきます。

続きを読む 閉じる

.e.g. 事例 01

バスケを通じて地域を盛り上げる
「八尾バスケ祭り」

 大阪府八尾市で2017年より開催されている「八尾バスケ祭り」は、競技としてバスケットボールが盛んではなかった八尾市の子供達や地域に向けたスポーツ振興イベントです。

地元出身のプロバスケットボール選手を招致し子供達に指導などを通し直接触れ合うことで、子供たちの競技レベルの向上だけでなく地域コミュニティの活性化にもつながるイベントとしてこれまで5回にわたり開催されています。

こちらではメインロゴのデザインはじめ、2017年の初回から2021年開催分まで、大会プログラムやグッズなどといった各イベントデザインを担当。
事業者さんの「スポーツで地元地域を活性化させたい」という想いに対し、「子供達の競技レベルアップ、地域コミュニティの拡大」という目的に加え「主役は参加する子供達、プロバスケ選手を招致、夏に開催するお祭り的な催し、思い出に残るイベント」といった深堀りした際に得た情報を掛け合わせ、イベント全体が盛り上がり目的が達成できるようなデザインを制作しています。

続きを読む 閉じる

.e.g. 事例 02

チームを盛り上げるためのグッズデザイン

兵庫県のサッカークラブ「FC BASARA」のオリジナルグッズの制作に際し、チームメイトはもちろんファンが応援時などに使えるグッズのデザインを担当。応援グッズによりチームがより活性化するように、レプリカユニフォームには「選手とサポーターが共に高みへ突き進む」という意匠を込め、応援にかかせないタオルマフラーはじめキーホルダーやステッカーなどチームカラーをシンプルに反映したものでデザインしています。

続きを読む 閉じる
TOP
TOP