インボイス制度導入に関する当デザイン事務所の対応に関して

令和5年10月1日から、本格的にスタート&導入される「インボイス制度(適格請求書等保存方式)」に関しまして、
当デザイン事務所(MK ACT GRAPHIC)では以下のような対応をさせていただく所存です。

インボイスへの登録は行わず、
引き続き免税事業者として業務を継続していきます。

上記対応の大きな理由としては「インボイス導入における、事務作業などへの負担を回避するため」です。
自身で経理も行っていることもあり、インボイスを導入することでこれまで以上に事務作業に負担がかかってしまうことは、は由々しき事態と感じています。
またデザイン業という業種のため、ほとんどの案件の場合に当デザイン事務所から何かを「仕入れる」という行為が発生しないというのも理由の1つです。

現在は免税事業者として、お客さまへのデザイン料請求時には税額分を加算して請求をさせていただいておりますが、
令和5年10月1日以降は税金の徴収は行わないというカタチになります。

今後の事業展開次第でインボイスへの登録を行うこともあるかもしれませんが、当面の間は免税事業者のままにて引き続き事業を継続させていただきたいと思っておりますので、引き続きのご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

MK ACT GRAPHIC 近藤

関連記事


TOP