MK ACT GRAHIC 近況報告2023

近況について

このブログでの前回の更新は2022年の2月と、なんとも約一年半以上もの間が空いてしまいました。
(ブログだけではなくこのHP自体の更新も大分していないのですが、、、)
もともと新型コロナ禍の中ではじめたこのブログですが、当初の意欲的な投稿はどこふく風…ではありますがやはりオウンドメディア自体は重要な戦略的要素でもありますし、何より自分自身文章を書くということ自体は嫌いではなくブログの内容をとっても1人のクリエイター・デザイナーとしてこうした機会をつくることで多々勉強になる部分もあるので、可能な限り更新を続けていきたいと思います。

今後も私が掲げるコンセプトの「デザインで、笑顔をつくる」により関連した内容、たまにこうした雑記なども含め意欲的な投稿ができればと思っています。

あと何気に今年の8月3日をもってMK ACT GRAPHIC10周年となりました。
気づけばあっという間、この間色々なことがあり様々な経験をしましたが、周囲の方々の助力などもあり、今も大きく変わらず健在でデザイン業務に携われていることは素直に嬉しく感謝の意を表したいです。

というところではありますが、2023年も気づけば早くもあと4ヶ月ちょっとあまりと、、、相変わらず怒涛のスピードで月日が経過していっています。
近況報告ということで言えば、MK ACT GAPHICとしては昨年の春過ぎごろから割とご依頼の復調の兆しが見えてきて、GW明け位からはほぼコロナ禍以前のような状況に戻ったように感じます。
これは国内における新型コロナの影響が大分緩和されてきたということが何よりも大きく関わってきていて、2023年8月現在でいえば、ほぼ皆さん以前と変わらない暮らしや生活が戻ってきたのではないでしょうか。

私のクライアントさんの中にも、以前と変わらずに事業ができている方、以前よりも勢いを増した方、残念ながら事業を畳んでしまったという方もおられ、やはりこの新型コロナの影響というものは多くの方にとっては思うところの多いものであったと痛感します。

今後について

新型コロナの世間的な影響はほぼなくなりましたが、その実その患者数はまだ時折増加しているとかかりつけの医師からも伺いました。
そのため高齢者や私のような基礎疾患を抱える身としては100%影響のない生活というのはいまだに難しいですが、それでも一時のガッチガチの規制していた頃に比べれば大分緩和されたのも事実です。
日々の業務をこなすのは当然として、それ以外の部分でもっとできることをやっていきたい。
これが今後における現在の願望でしょうか。かなりボヤッとしたものですが(苦笑)

ともあれ年齢的にも40歳を超えてきて人生も折り返し地点と考えれば、フィジカル面では自然と今後できる事とやれる事も限られてくるかと思います。ただクリエイターとしてはまだまだこの先できる事はたくさんあると思いますので、自分の経験値をさらに高めてそれを制作にも還元ができればと思っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。


TOP