フリーランスのデザイナーが常日頃肝に命じておくコト

はじめに

フリーランスとして活動しているデザイナーの方であれば、常日頃に肝に命じておく必要があるコトというものを、フリー歴15年以上の私なりに少し簡単に考えてみました。
基本的に必要なスキルや知識といったものはまた別のはなしとして、ここで紹介するのはある意味「心構え」みたいなものでしょうか。

もちろん以下の内容はフリーに関わらず会社に勤めている方や誰にでに当てはまる内容でもありますが、私たちのようなフリーランスの場合は特に、自身の行動や言動といったものが売上というものに直結する機会が多いためより響くかなと思います。
特に会社に長年勤めてからフリー転向した、という方に参考にしてもらえたら幸いです。

常識を疑うコト

フリーランスにとって安定という言葉はあまり縁がない言葉だと思っています。
「安定」の中には収入、就労時間や福利厚生などといった手当などありますが、それも含めこれまで当たり前に感じていたことや通用していた常識みたいなモノは、一旦捨て去るくらいの気持ちを持つことをオススメします。

特に特定の場所では通用していた常識が違う場所では通用しないということは往々にしてありますし、時には常識にとらわれない型破りな動き・アクションといったものが功を奏する場合もあるかもしれません。

感情に左右されないコト

フリーランスは自身で営業から仕事上の連絡など、全て自身で行う機会が多くなります。
その際、やり取りをする相手は同じ人間です、時には反りが合わなかったりして感情的になるときもあるかもしれません。
ですがそんな時も決して感情に身を任せたような言葉遣いや態度を取るのはまったくもってオススメしません。
誰も得をせず、むしろ総合的に見て明らかに自分が損をしてしまうことがほとんどです。

仮に相手の方が100%悪いなという場合でも、こちらが一歩引いて冷静な対応をすることが必要です。

また、日常のどんなところにビジネスチャンスがあるかわからないため、日常生活の中でもできる限り周囲に配慮をした行動を取ることをより心がけたいです。
極端なはなしですが、プライベートで自分が横柄な態度をとった相手の方が、後日商談の相手だったりなんていうこともまったくないとは言い切れませんから。

「お客さまは神様」という表現はでは少し過剰だと感じますが、それでもできる限り冷静で懐の深い対応をすることが、結果的に良い方向性に向かうことは胸にとどめて適宜対応をすると良いかなと思います。

仕事以外の時間を有効に使うコト

日中は通常の業務や営業などをすることになりますが、それ以外の時間をどう使うのかがフリーランスとしての立ち位置が大きく変わる要因の1つだと感じます。
一般的にいうならアフターファイブの時間になにをするかというコト、さらに端的に言えば仕事にどれだけの時間を割けるのかどうか、です。
※といっても仕事=直接的な業務だけというわけではなく、自身のスキルアップや今後の仕事に活かせそうな内容であれば、デザイナーにとってはそれも仕事の一環として捉えても良いと思います。

「仕事に費やす時間を増やす」というのは実にシンプルに売上をあげる方法ではあります。
ただ個人的には仕事をする上で健康でいることはとても重要だと思っているので、食事と睡眠にはしっかりと時間と質を割り振ることをオススメします。
そうなると1日24時間の内、通常の業務&生きるために必要な食事や睡眠といった諸々の時間を差し引けば、その他に費やせる時間というのは実はあまり残されてはいません。
そのためより効果的かつ効率的な時間の使い方というものが求められます。

ちょっとした時間、例えば朝の30分にデザインやビジネスに関する書籍を読んでみたり、打ち合わせなどの際の移動中にスキルアップに役立つ勉強をしてみたり、というちょっとした工夫や意識配分でだいぶ変わってくると思います。

俯瞰的な目線を持つコト

上記の「感情に左右されないコト」にもつながる部分は多いですが、自分という存在を含め全ての物事を俯瞰的に見れるということは大事かなと思います。
デザイン制作の際に視野が狭くなってしまい、なかなか作業が進まず息詰まってしまうなんていう時もあると思います。
そういった際には冷静に一歩下がって今一度デザインの内容を見直すことで、スムーズに進むことがあります。

また局所的なものの見方ではなく物事を全体的に俯瞰視点でみることで、より広い視点でのアイデアを得られということは往々にあります。

とりあえず行動してみるコト

フリーランスにとってまず優先するべきは、やはり生活するためのお金を稼ぐことにあると思います。
そのためにはとにかく色々とアクションするべきで、兎にも角にも行動を取ることが重要です。

頭の中だけで色々考えていても、行動に移さないと仕方がないということは結構あります。
リスティング広告やSEOなど、ある程度の投資が必要になる場合のリスクを考えると慎重な行動は大事ではありますが、かといって石橋を叩いてばかりでは進むものも進まないです。

無策で突っ走るというのはもちろんよろしくないですが、慎重になりすぎてしまうことでせっかくのチャンスや機会を逃すのはもったいない。
失敗しても構わない、失敗も経験のうちととにかく前向きな姿勢で色々トライしてみるというのはフリーランスだからこそできることでもあると思います。

関連記事

  1. 「ロゴデザイン」を依頼する際に事前に知っておくと便利なこと

  2. コロナ禍の中で「印刷・紙媒体」はどうなっていくのか?

  3. フリーのグラフィックデザイナーとして振り返る2020年と2021年への…

  4. AI化が進む社会ではデザイン・デザイナーの価値はより上がる

  5. フリーランスグラフィックデザイナーのデザイン料の決め方について

  6. グラフィックデザインにおける 「インスパイア」と「インスピレーション」…

  7. フリーランスになった際、心がけたい3つのポイント

  8. 偶然が生み出す、グラフィックデザイナーの悲劇

PAGE TOP