2021年を振り返ってみて

2021年も「続・新型コロナウィルス」の印象

この2021年も昨年に引き続き、公私共に新型コロナウィルスによる影響を色々と受けた一年であったと言えます。
ただ一般世間へのワクチン接種の開始やその普及に伴い、現状(2021年12月現在)は日本国内において新型コロナの感染状況は比較的落ち着いているなと感じます。(オミクロン株などこの年末年始以降の動向は分かりませんが、、、)

そんな2021年を振り返るとちょうど東京オリピックが開催されていた時期は、全国的に感染状況のピークで日々その感染者数の発表に戦々恐々していた印象と記憶があります。
実際あの頃は毎日のように家の周りでは救急車のサイレンが鳴っていましたし、東京のみならず隣接しているこの神奈川県も病床が逼迫し入院することもままならないという状況にまでなっていました。
特に病床が逼迫したことにより感染したとしても入院できないかもしれないという状況は、基礎疾患を抱えている身としては外出を伴う行動にはかなり慎重にならざる得ないものがあります。
そのため夏頃から秋口に関しては、その感染対策と意識はより一層高まっていたなと感じます。

上半期は家族が病気になったりとなかなか心ここに在らずといった日々が続き、仕事もプライベートも全ての物事に対してナニカに取り組む姿勢というものは少し低かったと言わざる得ません。
奇しくも昨年の今頃にも同じような一年を振り返るブログを書いており、その内容を読み返してみましたが「引き続き新型コロナに注意しながらフリーのグラフィックデザイナーとして躍進ができる一年にしたい」といった内容に関しては残念ながら達成できなかったなといえます。他にも色々とやりたかったこと(例えばTシャツブランドの立ち上げ、個人作品の制作など)に関しても同様です。

仕事面でも新しく何かを取り組み始めたことというものもなく、どちらかというとむしろマイナスに偏ったかなという印象です。
実際このブログも今投稿したのは今回含め、たったの5つにとどまっているのがその証拠です。
大きな要因として新型コロナウィルスの影響はもちろんありますが、それに付随して私自身の基礎疾患の状態に伴う心身のコンディションなど、大きな面で言えばやはり健康状態が重要だなと改めて痛感しました。

そうした身体と精神に負担の例年に比べてかかる気がする一年であった、というのがこの2021年の躍進のスピードを止める要因なのかなと個人的には感じています。

2022年の展望

個人的には来年以降に関してはコロナの影響も徐々に落ち着いてきて、よりアフターコロナを意識した生活を取り戻せるという部分を期待したいです。
マスク着用手洗い&うがいといった基本的な感染対策は引き続き行うのはもちろんとして、それ以外の部分でもう少し以前の生活に向かった行動ができればなと思います。

とはいえ自身の健康状態がその日の生活クオリティを大きく左右するので、あまり大きな目標を立てすぎてハードルを上げすぎて最終的に自虐に走らないよう「マイペースでやれることを精一杯やる」これに尽きますね。
気力でどうにかなる問題でないのが悔やまれますが、体調がよければ仕事も遊びも全力で、少し体調が思わしくない場合は少し休憩を、それでも前に一歩でもいいから前に進んで行くGoing My Way の精神でいきたいと思います。

願わくばその中で何かしら新しい刺激的なことも始められれば、なんて今は思っていはますがどうなることか。
ともあれ、今年一年もお仕事を依頼してくださった全ての方に改めて感謝を。

お世話になった皆様、今年一年もありがとうございました!
また来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 自分のやりたいデザインを仕事にするための条件

  2. フリーランスになった際、心がけたい3つのポイント

  3. フリーのグラフィックデザイナーに発想するチカラが求められる理由

  4. フリーのグラフィックデザイナーとして振り返る2020年と2021年への…

  5. 「差別化戦略」品質だけではない差別化が必要 な理由。

  6. 偶然が生み出す、グラフィックデザイナーの悲劇

  7. 「ロゴデザイン」を依頼する際に事前に知っておくと便利なこと

  8. グラフィックデザインにおける 「インスパイア」と「インスピレーション」…

PAGE TOP