フリーランスになった際、心がけたい3つのポイント

POINT 1.フリーランスは行動するべし

フリーランスになると基本的に全ての業務を自身で行う必要があります。実務はもちろん営業や雑務、場合によっては経理などもです。
そのため何事もまずは自分が動いてナンボというところがあるので、積極的に物事を判断し行動していくことがなにより大切となっていきます。

考えなしに行動するのはあまりオススメできませんが、頭の中で色々考えて無駄に時間だけが過ぎていくのであれば、まずは行動してみるというのも手ではあります。
また、石橋を叩いて渡る精神で何事にも慎重になりすぎてしまうというのもあまりよくは無いのかなとも感じます。

時に失敗することもあるし、なんなら失敗することの方が多い気もしますが、まずはトライ&エラーで色々試してみるというのが一番なのかなと。
特にフリーランスとして活動し始めた頃であればフレッシュな気持ちでやる気に満ちていると思うので、そうしたノッている時期にはガンガン行動していくのがベストです。

2.最優先するべきは集客

フリーランスにとって何といっても優先すべきは「集客」です。どれだけスキル・技能を磨き魅力的な提案ができても、依頼してくれるクライアントがいなければそれらは無用の長物、宝の持ち腐れとなってしまいます。
集客を安定させる=売上の安定につながるように行動する必要があります。

ちなみに集客の主だった手段としてフリーランスになりたての時によくやりがちなのは、

・以前の仕事の繋がり
・知人、友人の紹介

この2つです。特に以前の仕事をそのまま引き継いで独立なんていう場合にはかなり心強い収入の軸となると思いますし、知人からの紹介といったものもある程度見込めるものだとは思います。
ただ前者はともかく後者に関しては継続性という意味では希薄で、紹介の連鎖も期待はできますが基本的には短期的な集客になりがちです。前者に関してもコレだけに依存してしまうと仮になくなってしまった際に大きな打撃となりその後の経営状況が悲惨なことになってしまいます。

そのためフリーランスの目指すべきはやはり新規クライアントの集客です。といってもここでも無作為に手当りし集客するのではなく、まずは自身の強みをしっかりと把握・理解し、それを売り込む具体的な客層を意識した集客を心がけたいです。集客ツールとしてはWeb広告やチラシや営業代行という手もありますが、特にオススメなのは自身のWebサイトを作ることですね。内容を充実させることで将来的に協力な集客ツールとして機能してくれるはずです。

3.人と人との繋がり、縁を大切にする

仕事上人と人との繋がりというものは自然と生まれていきますが、その中には永くお付き合いができる方との縁もあったりもします。当然誰とそうなるかなんて最初はわかりませんので、いつでもそうした縁に恵まれるよう意識した人付き合い、コミュニケーションを心がけたいです。何気ない会話であったりが時に仕事に繋がるなんていうこともありますので、会話のひきだしといったものもあると良いですね。

中にはお付き合いしていくのが難しいなと思える方にも巡り合いますが、どんな時でもプロとしてしっかりとした対応をしましょう。
人付き合いやコミュニケーションといったものはフリーランスでなくても当然求められるものですが、独立した際にはよりこの部分を意識してみてください。結局仕事は人と人とが繋がることで生まれ広がっていくことになるので、その起点となる人との関係性を蔑ろにしてはいけません。

まとめ

フリーランスは一見するととても自由な職業にみえますが、その実やらなければならないことは山積みで正直会社に勤めている方のが楽だという場合も少なくありません。
これは完全に個々によって異なりますが、特に時間の使い方が上手な方、計画性をもった行動と考えができる方、自分から積極的にガンガン行動できる方、コミュニケーション能力に長けている方といった人たちは、フリーランスとしてやっていける素質は十分にあると感じます。

関連記事

  1. クラウドソーシングサービスを利用する際のメリットとデメリット【デザイン…

  2. 良いデザイン・デザイナーとは

  3. 「差別化戦略」品質だけではない差別化が必要 な理由。

  4. グラフィックデザイナーに資格も試験も必要ない!

  5. 待望のiPad版Illustratorの正式リリース開始!早速触ってみ…

  6. Photoshop CC 2021 の気になる新機能

  7. 「ブランディング」と「デザイン」でブランド価値を高める

  8. フリーランスのデザイナーはセルフブランディングが鍵となる

PAGE TOP