デザインにおける「らしさ」とは何か?


「らしさ」とは主観的かつ客観的な価値観

「らしさ」の意味に関しては、

(接尾語「らしい」の語幹に、さらに接尾語「さ」の付いたもの) 名詞形容動詞語幹などに付き、そのものにふさわしい様子をしていること、まさにそのものであると判断される程度、などの意の名詞をつくる。「男らしさ」「学生らしさ」「確からしさ」など。

コトバンク

このように、そのものにふさわしい様子・様相であることを一般的に「らしさ」と呼ばれるもの。

そして付け加えるならば「らしさ」とは主観的かつ客観的な価値観の上に成り立つものであると言えます。

例えば自身で考える「自分らしさ」と、他人から見たりものや感じる「あなたらしさ」は必ずしも同じとは限らないはずです。
「自分らしさ」とは自分で考えこうありたいという理想像であり主観的に基づくもの。対して他人からみたあなたの「らしさ」は第三者目線という客観的なものになるため、感じる「らしさ」に齟齬が生じてくるのは当たり前です。

自分の思う「らしさ」が全ての人にも同じように感じてもらえればベストですが、実際にはそれは難しですし多様性を重んじる現代社会では尚更です。

とはいえ個人が考える「らしさ」はあくまで自分のため、己の価値観で自らの人生をより豊かにするためのものなので、客観的な価値観に左右される必要はまったくないと言えます。

事業における「らしさ」

ただこれらを事業などに置き換えた場合、例えばその会社の「らしさ」というものは自社の人間たちだけが把握し理解していてもあまり意味がないなと感じます。
個人の場合とは異なり、顧客である第三者がどう捉え感じるのかという点の方が、より重要になってくるからです。

そのため事業の場合、届けたい相手(ターゲット層)に自社が理想としている「らしさ」をできる限りそのまま忠実に感じてもらう必要がありますがそれは一朝一夕では成し得ないため、ブランディングなどの施策を継続して行っていく必要があります。

「らしさ」にあたる部分はビジネス観点としては「差別化」という言葉の方が当てはまるのかとは思いますが、個人の事業者さんや小規模事業者向けとしてはこの「らしさ」を伝えていくという内容の方が、より身近で取組やすい印象を感じたため、当方ではこの言葉を広く使っていきたいと思っています。

デザインで伝えていく「らしさ」

「らしさ」を伝えていく取組(ブランディング)にはデザインという要素は必要不可欠なものです。
そしてそのデザインで「らしさ」を体現していく場合「単に見た目だけを制作するのではない」という点を予め認識することが重要です。
その上で依頼者との綿密なやりとりを繰り返していき伝えていきたい「らしさ」 を明確化し、それをわかりやすいカタチで可視化していく。
これがデザインとしての「らしさ」の伝え方における役割です。

世間に迎合したビジュアルなどで無難に仕上げるというのはそこまで難しくはありませんが、そこにしっかりと伝えていきたい「らしさ」が具体的なカタチになるような制作意図の有無があるかどうか。
この制作の背景における深さの度合い部分が、素人や少しデザインを齧った方との大きな違いであり、プロのデザイナーの腕の見せ所とも言えます。

最後に

昨今の多様性を重んじる社会からすれば、特定のものに対して固定概念のような押し付けになる「らしさ」はあまり歓迎されるところではないのかもしれませんが、個人が自分の人生を豊かにする場合や、事業の魅力などを伝えていくブランディングやデザインなどの観点から言えばこの「らしさ」というものはとても大切なものになってくると思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP