フリーランスグラフィックデザイナーのデザイン料の決め方について

はじめに

未経験からフリーランスに、デザイン事務所在籍後にフリーランスになった方など、フリーにる経緯は人それぞれあると思います。会社形態なのか個人事業主となるのかもなども異なりますが、ここでは個人事業主形態でのフリラーンスのグラフィックデザイナーになる方に向けた内容になっています。

特にまだ経験が浅くどのようにデザイン料を決めれば良いのか分からない、迷っているかたへの参考になれば幸いです。

デザイン料の相場はあってないようなもの

デザイン料を決める際にまず参考にするのは他のデザイン事務所のHPなど、Webを中心にリサーチするのかなと思います。ただ実際に調べてみるとどこも一様でまったく同じということはまず無く、デザイン料の提示自体していないデザイン事務所などもあったりもするでしょう。ネットで「○○デザイン料 相場」などとキーワード検索するとデザイン事務所毎のデザイン料の比較などがされていたりもしますが、価格にはかなりバラつきがありさらに迷ってしまうかもしれません。

理由はデザイン事務所や各デザイナーによっても考え方が変わる部分が多く、実際のデザインへの取り組み方や取引対象にしている規模の差異があるからです。有名で実績のあるのデザイン事務所などは大手代理店などとタッグを組むことが多く、クライアントの規模が大きくなりがちなためわざわざデザイン料の公表などはせずサイトでは経歴や作品、理念などを魅力的に紹介するに留まることが多いです。(サイトでの集客をあまり必要としていない)

もちろんある程度常識の範囲内というものはありますが、以前に比べフリーランスの人口が増えたりクラウドソーシングなどのサービス提供もはじまったこともあり、デザイン料の相場というものはそこまで強い意味を無さなくなってしまいました。

デザイン料は「制作時間×時間給」で算出する

デザイン料は「制作時間×時間給」で算出する

フリーランスになりたての方はまず自分のスキル・経験といったものを冷静かつ客観的に判断することが大切です。その上で一番シンプルなデザイン料の算出方法としては、「制作時間×時間給」にしてしまうことです。

制作時間は各デザインプロジェクトに費す総時間を指します。1つ誤解がないようにお伝えしますが、ここでいう制作時間とは最初の打ち合わせから最後の納品までを終えるまでかかったものです。デザインデータを作成することだけの時間では無いことに留意してください。

次に時間給ですがここには自身の人件費をはじめ個々のデザインスキル、経験年数や実績などを考慮したものなどを含んでいきます。具体的な金額の設定は各々の力量と判断によりますが、仮にデザイン初心者でフリーランスになったばかりという方であればまずは全国的な最低賃金より低くならないよう1,000円に多少プラスする程度の金額からスタートさせるのが良いかもしれません。経験もあり実績のあるデザイナーであれば時給5,000円以上という設定も全然可能です。

仮にA4両面チラシのデザインをする際、自身の時給を2,000円と設定し打ち合わせからデータ納品までに要した時間が10時間の場合、デザイン料は20,000円と算出できます。

とはいえ経験が浅い方ほど制作時間は増えてしまったり、その都度制作内容も変わるので一律の制作時間が決められないといった場合がほとんどだと思います。そのためこの「制作時間」には実際にかかった時間ではなく、「目標」として上限となる時間を設けることが必要です。先ほどの例で言えばA4両面チラシデザインでは制作時間をMAX10時間と設定することで、実際の制作時間が10時間未満や以上であったとしても一律のデザイン料「20,000円」を請求するという具合です。

この場合は特にデザイン初心者は上限となる製作時間を超えてしまうケースも多く、最終的に利益率としてはあまりよく無いということになるかとは思います。しかし経験を積んでより効率的な仕事の進め方ができ、経験と実績を重ねていくことで確実にデザイン料=売上というものは上がってきますし、実際上げなくてはならない時が必ず訪れます。

営業ターゲットにも影響する

デザイン料の設定には自身ががどのような相手をターゲット層にするのかにもよって変わってくる場合もあります。極端な例で言えば有名な大手大企業が取引相手の場合と、中小規模や個人が相手の場合ではプロジェクトの規模も違いますし投じられるデザインへの予算というものも異なります。まずは自身がどのような相手をメインに仕事を展開していくのかというのも1つ考慮すべき点と言えます。

最後に

デザイン料は一度決めたら変えられないということはありませんが、頻繁に変えてしまうのはあまり良くありません。自身の転機となる明確なターニングポイントなどを経た際や二次的な要因でどうしても必要な際には見直し、後は基本的にはデザイン料を変えずに行くことが良いかと思います。

今回ご紹介したのはあくまで1つの考え方の例でありこれが絶対のものではありません。実際こんな方法では採算とれないよと思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただ個人的にデザイン料というものは大概一般的なお客さまに対してとても不明瞭な部分が多いため、こうした具体的な方法でデザイン料を決めておくと分かりやすいかなと思っています。

関連記事

  1. デザイン初心者でもデザイン力を簡単に上げれる方法

  2. デザインを依頼する際に、用意しておくべきもの

  3. 会社勤めが困難な方が、独学でフリーのグラフィックデザイナーになるための…

  4. これからのグラフィックデザイナーとしての価値とは

  5. グラフィックデザイナーに資格も試験も必要ない!

  6. 誰でもできる、ちょっとだけデザインを良くするためのコツ。

  7. 【Photoshop プラグイン】瞬時に水面反射する画像が作れる「Re…

  8. 良いデザイン・デザイナーとは

PAGE TOP