これからのグラフィックデザイナーとしての価値とは

ビジネスの成功にデザインは必要不可欠

ビジネス・事業におけるデザインの役割とは、単に見た目だけを創造するというものではありません。クライアントが抱えている問題を解決したり、叶えたい戦略を実現に導くのがその本質です。

個人・企業問わずに誰かを相手に事業を展開する際には、デザインというものは必ず関わってきます。ロゴや名刺はもちろん、販促媒体にWebサイトなどなど。全てを挙げるのは大変ですが、とにかく戦略を実現させるためにデザインは多くのシーンで活用されています。

海外、特に欧米ではデザインの需要は高く、優秀なデザイナーの価値はとても高く評価される傾向が強です。実際にビジネス現場においては、デザインの有用性は明確な数字として立証・証明されています。名だたる大企業のほとんどはデザインを重要視し、洗練されたデザインによって自社のブランド価値をより高め、結果莫大な利益と目に見えない価値の獲得を成し遂げているのです。

グラフィックデザイナーとして活動し続けるために

グラフィックデザイナーとしての仕事はいろいろとありますが、基本的には印刷・出版・広告関連の仕事をしているというのが一般的な認識です。ただ現状は雑誌や書籍の販売は伸び悩み、印刷や出版業界は縮小傾向にあります。もちろんこの先もそれらに関する仕事やも需要が無くなることはないと思いますが、そこだけにフォーカスしたデザイン事業の展開は難しいと言わざる得ません。

そういう意味でも、今後はより付加価値を提示できるグラフィックデザイナーが求められそうなる必要があります。例えばデザイン実務だけでなくブランディングやマーケティングなど、利益に直結する部分にも明確な提案ができるデザイナーはそう多くはいません。こうしたデザイン以外の強みを持つことができれば、他との差別化になりクライアントからも重宝されグラフィックデザイナーとしての将来の道筋も描けていくはずです。

グラフィックデザイナーの強みをクロスオーバーさせていく

特にグラフィックデザイナーはレイアウト・タイポグラフィなど、デザインの基礎となる部分をしっかりと学んでいる人が多く、中にはイラストも描けたりアナログデザインにも強く視覚的効果の訴求力が高い傾向にあります。そうした強みに加え上記で挙げたような付加価値を身につけることで、この先もグラフィックデザイナーとして様々なシーンで活躍することができるのはと思います。

グラフィックデザインの知識とスキルを有しながら、Webサイトも構築・デザインすることができればより戦略的にも訴求力の高いデザインを生み出せます。また紙媒体などアナログ方面への強みがあるという部分を活かし、クライアントに対して今だからこそできる新鮮な提案などをすることができるのではないでしょうか。自身のスキルを1つの場所や特定の環境下だけでなく、広い視野で豊かな提案をできるようにできればデザイナーとしての価値も高まるはずです。

あとこれはあくまで超個人的な意見はありまですが、グラフィックデザイナーは文系、Webデザイナーは理系というイメージがあるんですよね。だからというわけではありませんが、ストーリー性を持ったデザインで相手を惹きつける必要があるという場合においても、グラフィックデザイナーはその力を発揮しやすいのではとも感じます。

尖りまくったグラフィックデザイナーにこそ価値がある

グラフィックデザイナーとして身につけたスキル・経験は決して無駄にはなりませんが、それをどのようにして活かしていくのかはデザイナー次第です。

グラフィックデザイン=印刷・出版・広告というイメージに捉われるとなかなか難しいですが、他とは違う個性を身につけたりデザイン以外の部分でクライアントに貢献できる存在になれれば、まだまだこの先その価値は高まっていくと思います。

これからAI化が進んでいく中で凡庸なデザインは自動的に生成、利用するということが当たり前になってくるでしょう。すでにそうしたサービスはありますし、無料でつかえるデザインテンプレートはたくさん存在しています。そのため人に言われたことや要望通りの凡庸な提案しかできないと、デザイナーとしての価値が薄れ持続した集客をすることが難しいといえます。

他に埋もれることなく自身の強みを活かし、セルフブランデンディングを通じて己の価値を高め続けていきグラフィックデザイナーとして豊かなデザインライフを送っていただければと思います。

関連記事

  1. フリーランスのデザイナーはセルフブランディングが鍵となる

  2. デザイン初心者でもデザイン力を簡単に上げれる方法

  3. フリーランスグラフィックデザイナーのデザイン料の決め方について

  4. デザインを依頼する際に、用意しておくべきもの

  5. 会社勤めが困難な方が、独学でフリーのグラフィックデザイナーになるための…

  6. 良いデザイン・デザイナーとは

  7. 「ブランディング」と「デザイン」でブランド価値を高める

  8. クラウドソーシングサービスを利用する際のメリットとデメリット【デザイン…

PAGE TOP